利用規約

R-GROUPでは、お客様の便宜のために、日本語以外の言語に翻訳されたバージョンの条項を提供しますが、英語以外の言語に翻訳されたバージョンの条項は、Rグループ株式会社またはお客様を法的に拘束するものではないことにご留意ください。お客様と Rグループ株式会社との間で法的に拘束力を有するバージョンは、http:///www.rrr.gp/ja/terms/ に記載された日本語バージョンの条項であるものとします。

最終更新日 2013年5月7日

Rグループ株式会社(以下「Rグループ」という)はR-GROUP利用規約(以下「本規約」という)を下記の通り定めることとします。R-GROUPにアクセスすることにより、利用者は本規約に同意するものとします。

§1. R-GROUPの利用
1. 知的所有権で保護されるコンテンツ(以下「IPコンテンツ」)について、利用者はRグループに次の許可を与えるものとします。R-GROUPで、またはR-GROUPに関連して投稿したIPコンテンツを使用する、非限定的、譲渡可能、サブライセンス可能、使用料なしの、全世界を対象としたライセンス(以下「IPライセンス」)をRグループに付与します。このIPライセンスは、コンテンツが他の人と共有され、その人がそのコンテンツを削除していない場合を除き、利用者がIPコンテンツまたはアカウントを削除したときに失効します。
2. IPコンテンツを削除した場合、コンピュータでごみ箱を空にするのと同じようなしくみで削除されます。ただし、妥当な期間、削除したコンテンツがバックアップコピーに残る(他の人は見ることができない)ことを理解するものとします。
3. お客様は、管理者アカウントにアクセスしてエンド利用者アカウントを管理する権限を有する 1人または複数の管理者を管理コンソールで指定できます。お客様は、(a)パスワードと管理者アカウントの機密性を保持し、(b)管理者アカウントへのアクセスを許可する利用者を指定し、(c)管理者アカウントでのすべての活動が本契約に従うことを保証する責任を負うものとします。お客様は、お客様のシステムの内部管理および運営に関して、Rグループの責務が及ばないこと、また Rグループがデータプロセッサにすぎないことに同意するものとします。
§2. 安全
1. 利用者は他の人のコンテンツまたは情報を収集することはできません。また、Rグループから事前に許可を得ることなく、自動化された手段(情報収集ボット、ロボット、スパイダー、スクレーパーなど)を使用して、R-GROUPにアクセスする行為は禁止します。
2. ウイルスまたはその他の悪質なコードをアップロードする行為は禁止します。
3. 他の人のログイン情報を求めたり、他の人のアカウントにアクセスする行為は禁止します。
4. 他の利用者に対するいじめ、脅迫、嫌がらせに当たる行為は禁止します。
5. 次のようなコンテンツを投稿することは禁止します。
差別的、脅迫的、またはわいせつ的なコンテンツや、暴力を誘発するようなコンテンツ、ヌード、露骨な、あるいは根拠のない暴力の描写が含まれるコンテンツ。
6. R-GROUPを使用して、非合法な行為、誤解を招く行為、悪質な行為、差別的な行為を行うことは禁止します。
7. R-GROUPのサービスの適切な運用や表示を停止する、過剰な負荷をかける、あるいは損傷するような行為(DoS攻撃、ページの表示やR-GROUPの機能の妨害など)は禁止します。
8. 本規約の違反を助長または推奨しないものとします。
9. Rグループや他の利用者、第三者の著作権、財産権、プライバシー権及びその他の権利を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為は禁止します。
10. Rグループや他の利用者、第三者他の利用者に不利益もしくは損害をあたえる行為、またはそのおそれのある行為は禁止します。
11. 犯罪行為、または犯罪に結びつく行為、または犯罪をほう助する行為、もしくはそのおそれがある行為は禁止します。
12. 事実に反する情報又はそのおそれのある情報を提供した行為は禁止します。
13. Rグループの承諾なく、本サービスの利用に関して第三者から金銭及びその他の利益を得る行為は禁止します。
14. その他、日本国及び外国の法令に違反する行為もしくは違反するおそれのある行為は禁止します。
15. チェーンメールやジャンクメール、スパム等、多数の送信先に対して情報配信をする行為は禁止します。
16. その他、Rグループが不適切と判断する行為は禁止します。
§3. 登録とアカウントのセキュリティ
R-GROUPでは、利用者に実名および実在の情報を提供していただいています。これを維持するには、利用者の協力が必要です。利用者は登録とアカウントのセキュリティの維持に関連して、以下の点を守ることをRグループに確約するものとします。
1. R-GROUPで虚偽の個人情報を提供したり、許可を得ることなく自分以外の人のアカウントを作成することはできません。
2. 個人用アカウントを複数作成することは認められません。
3. アカウントがRグループによって停止された場合、Rグループの許可なく新たなアカウントを作成することはできません。
4. パスワードを共有したり、他の人にアカウントへのアクセスを許可したり、その他、アカウントのセキュリティを脅かす恐れのある行為を行わないものとします。
5. あらかじめRグループから書面による許可を得ることなく、自分のアカウントを他の人に譲渡することはできません。
6. 利用者は、Rグループより付与された利用者ID(以下「ID」といいます)及びパスワードの使用及び管理について一切の責任を負うものとします。
7. 利用者は、ID及びパスワードを第三者に使用させたり、貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。
8. ID及びパスワードの管理不足、使用上の過誤、第三者による使用等による損害の責任は利用者が負うものとし、Rグループは一切責任を負いません。
9. 利用者は、ID及びパスワードが盗難、第三者による不正使用があると判明した場合、直ちにRグループにその旨連絡すると共に、Rグループからの指示がある場合にはこれに従うものとします。
§4. 他者の権利の保護
Rグループは他人の権利を尊重しており、利用者にも同じことをお願いしています。
1. R-GROUPで、他者の権利を侵害または妨害する、あるいは法律に違反するコンテンツを投稿したり、そのような行為を行わないものとします。
2. 利用者がR-GROUPに投稿したコンテンツや情報が本規約に違反すると考えられる場合、Rグループはこれも削除できるものとします。
3. 利用者から情報を収集する場合は、利用者の同意を得て、情報を収集するのが(Rグループではなく)自分であることを明確にし、収集する情報およびその用途について説明するプライバシーポリシーを掲載するものとします。
4. R-GROUPに他人の身分証明書または個人的な財務情報を投稿することはできません。
§5. 情報の削除
RグループあるいはRグループが指定する者は、利用者が登録・投稿・提供した情報、文章等が以下の事項に該当すると判断した場合、当該利用者への事前通知なしで、当該情報、文章等を削除する権利を有するものとします。
1. 第2条各項に違反した場合。
2. Rグループの保守管理上必要である場合。
3. 登録・投稿・提供された情報、文章等の容量がRグループの機器の所定の記録容量を超過した場合。
4. 最終ログインから3ヶ月間R-GROUPを利用していない場合。
5. その他、削除の必要があるとRグループが判断した場合。
6. Rグループ及びRグループが指定した者は、本条の規定に従い情報を削除したこと、または情報を削除しなかったことにより利用者または第三者に発生した損害について、一切責任を負いません。
§6. 利用者登録の取消
RグループあるいはRグループが指定する者は、利用者が以下の事項に該当すると判断した場合、当該利用者への事前通知なしで、利用者登録を削除する権利を有するものとします。
1. 登録に際し虚偽の報告、誤記、又は記入漏れがあった場合。
2. 最終ログインから3ヶ月間本サービスを利用していない場合。
3. 利用者が登録・投稿・提供した情報及び文章等の容量が、他の利用者にとって本サービスの提供を脅かす等、著しく記録容量を超過して利用した場合。
4. Rグループが利用者として不適切と判断した場合。
5. 下記別条項における記載に該当する禁止事項を行った場合。
6. その他本規約に違反した場合。
§7. 登録情報の変更・利用
1. 利用者は、本サービスの利用に必要な利用者登録情報(メールアドレスなど)に変更があった場合には直ちに所定の方法で変更をするものとします。
2. 前項の変更を怠ったことにより、利用者が不利益を被ったとしても、Rグループは一切その責任を負いません。
3. 登録した氏名の変更は、婚姻による姓の変更等Rグループが承認した場合を除きできないものとします。
4. 利用者は、本サービスを登録したことにより本サービスに登録、投稿、提供した情報に対して、Rグループからの営業的利用があることを承諾することとし、ダイレクトメール、電話及びその他の方法によるアクセスに対し、一切の損害賠償を請求できないものとします。
§8. 退会
1. 利用者が退会を希望する場合は、Rグループへ退会の通知を必要としないものとします。
2.本規約第6条2項に伴い、最終ログインから3ヶ月間本サービスを利用していない場合、退会の意思があるものとみなし、退会の手続きを取る場合があります。なお、本項によって利用者が何らかの不利益を被った場合にも、一切の責任を負わないこととします。
§9. サービスの提供
1. 本サービスの提供内容は、Rグループがその時点で合理的に提供可能な範囲のものとします。
2. Rグループは、理由の如何を問わず、廃止の場合を除き利用者に事前の通知をすることなくR-GROUPの内容の一部又は全部の変更、追加及び廃止をすることができます。R-GROUPを変更・追加・廃止をする場合、Rグループが適当と判断する方法で利用者にその旨通知します。
3. 利用者は、Rグループが本サービスの提供内容を変更・追加・廃止をする場合の通知について、閲覧の有無に関わらず承諾したものとします。
4. Rグループは自己の判断により、各利用者毎にR-GROUPの提供範囲を、設定又は変更することが出来るものとします。
5. その他、削除の必要がある場合。
6. 前項の規定にも関わらず、RグループあるいはRグループ が指定したものは、情報の削除義務を負うものではありません。
7. Rグループ あるいはRグループ が指定した者は、本条の規定に従い情報を削除したこと、または情報を削除しなかったことにより利用者または第三者に発生した損害について、一切責任を負いません。
§10. サービスの中止・中断
1. Rグループは、R-GROUP用設備の保守作業、天災等の不可抗力、その他の理由によりR-GROUPの運用を中止・中断することが出来るものとします。
2. Rグループは前項の規定により、R-GROUPの運用を中止・中断する場合は、Rグループが適当と判断する方法で事前に利用者にその旨通知します。但し緊急の場合はこの限りではありません。
3. RグループはR-GROUPの運用を中止・中断する場合、また何らかの障害により利用者固有の情報を消失した場合にも、本サービス及び一切の補償責任も負わないものとします。
§11. 守秘義務
Rグループは、利用者が登録、投稿、提供した情報及び文章等の内容を第三者に開示しないものとします。ただし以下の場合はこの限りではありません。
1. 第3条各項に違反する行為が発覚し、公的機関より照会申請があった場合。
2. Rグループが、本契約の規定に対する違反を利用者の行為を阻止する為必要であると判断した場合。
3. 利用者がR-GROUPを通じて第三者の権利を侵害したり不利益を及ぼした等の第三者からのクレームがあり、そのクレームを調査する必要がある場合。
4. Rグループの権利または財産の保護のために必要であると判断した場合。
5. R-GROUPのシステム管理者が、R-GROUPのシステムの運用や保守作業上必要と判断した場合。
§12. 免責事項
1. Rグループは、本サービスの内容、および利用者が本サービスを通じて得る情報等について、その完全性、正確性、確実性、有用性等如何なる保証も行いません。
2. Rグループは、本サービスの提供、遅滞、変更、中断、中止、停止もしくは廃止、本サービスを通じて登録、投稿、提供される情報等の流失もしくは消失等いかなる場合であっても、本サービスに関連して発生した利用者及び第三者の損害について一切責任を負いません。
3. 本サービスは、他者の運営するサーバーへの接続においてはあくまでも通信手段として機能します。Rグループは他者の運営するサーバーへの接続に関し他者の運営するサーバーの了承の得る範囲において、いかなる責任をも負いません。
4. Rグループは、本サービスの利用における無償の電話、FAX等によるサポートの義務は負わないものとします。
5. R-GROUPに関する問合せは日本語・英語によって書かれたもののみ行えますが、Rグループは、その他の言語から問合せが行えないことにより発生した利用者及び第三者の何らかの不利益または損害について、一切責任を負いません。
§13. 争議
1. 本規約またはR-GROUPに起因または関連する、弊社に対する申し立て、訴訟原因、または争議(以下「申し立て」)はすべて、日本の東京地方裁判所(上告があった際は東京高等裁判所、最高裁判所)で解決するものとします。抵触法にかかわらず、利用者と弊社の間で生じたあらゆる申し立てには、日本の法令が適用されます。
2. R-GROUPでの利用者の行為、コンテンツ、または情報に関して、誰かが弊社に対して申し立てを行った場合、利用者は、かかる申し立てに関して、弊社をあらゆる被害、損失、および費用(妥当な弁護士費用を含む)から免責するものとします。弊社は利用者の行動について規定を設けていますが、R-GROUP上での利用者の活動を管理または指揮するものではなく、利用者がR-GROUP上で発信または共有するコンテンツや情報について責任を負いません。弊社は、利用者がR-GROUPで目にする可能性のある不快、不適切、わいせつ、不法、その他の好ましくないコンテンツや情報について責任を負いません。弊社は、オンラインまたはオフラインでの行動や、R-GROUPの利用者について責任を負いません。
§14.日本国外の利用者に適用される特別規定
Rグループは、すべての人に対して一貫した基準を掲げるグローバルなコミュニティを築くだけでなく、地域それぞれの法規定を尊重することに努めています。以下の規定は、R-GROUPを利用する日本国外の利用者または利用者以外の人に適用されます。
利用者は、個人データが日本に転送され、日本で処理されることに同意します。
§15.携帯電話およびその他の機器
R-GROUPのモバイルサービスは無料で提供していますが、ご利用の携帯電話会社の通常料金(テキストメッセージ料金など)は適用されますので、ご注意ください。
§16. ソフトウェアに適用される特別規定
1. 利用者がRグループのソフトウェア(独立型ソフトウェアやブラウザのプラグインなど)をダウンロードした場合、ソフトウェアの改善・向上のため、時折アップグレードやアップデート、追加機能のダウンロードが実行されることに同意します。
2. 利用者は、オープンソースライセンスにより明示的に許可されているか、Rグループから書面による明示的な許可を得ている場合を除き、R-GROUPのソースコードの改変や派生物の作成、デコンパイル、その他の操作を行わないものとします。
§17. 改定
1. Rグループは、利用者の事前の了承を得ることなく、本規約を追加及び変更することができるものとし、利用者は本規約の追加及び変更に承諾したものとします。
2. Rグループは、本規約の追加及び変更を行う場合には、Rグループが提供するホームページもしくはその他方法によって随時利用者に告知するものとします。
3. 利用者が本規約に変更があった後もR-GROUPの利用を継続した場合、修正された規約を承諾したものと見なします。
18. その他
1. 本規約は、R-GROUPに関する当事者間の完全なる合意を構成するものとし、一切の以前の合意よりも優先されます。
2. 本規約に施行不能な部分が見つかった場合でも、残りの部分は有効に存続するものとします。
3. Rグループが本規約のいずれかの条項を施行しなかった場合、それは放棄とは見なされないものとします。
4. 本規約の改定または放棄は、書面で行い、Rグループが署名しなければならないものとします。
5. 利用者は、Rグループの同意を得ることなく、本規約における権利または義務を他人に譲渡することはできません。
6. 本規約におけるRグループのすべての権利および義務は、合併、買収、または素材の販売に関連して、あるいは法律の規定に基づき Rグループが自由に譲渡できるものとします。
7. 本規約の内容はRグループによる法遵守を何ら妨げないものとします。
8. 本規約により、第三者受益権が与えられることは一切ありません。
9. Rグループは利用者に対して明示的に許諾されていない権利を留保します。
10. 利用者は、R-GROUPを利用またはアクセスする際、あらゆる準拠法にしたがうものとします。